沿革

HISTORY

当社のあゆみ

大正

6年6月 日笠利一郎が日笠商店を創業

昭和

23年12月 日笠工業株式会社に改組 資本金600万円
28年4月 (株)神戸製鋼所・高砂製作所内に高砂出張所を開設
42年11月 本社工場を(株)神戸製鋼所・脇浜工場内に移設
46年7月 資本金を1,000万円とする
49年3月 加古川市に加古川営業所を開設
53年12月 日笠徹雄が2代目社長に就任
55年11月 各種プラント設備及び各種機械の保守・管理、並びに解体部門等を強化充実すべく、日笠エンジニアリング株式会社を設立
57年4月 (株)神戸製鋼所・加古川製鉄所内に加古川支店を移転

平成

2年9月 資本金を1,500万円に増資
4年5月 神戸工場を(株)神戸製鋼所・神戸製鉄所内に移転
7年1月 阪神淡路大震災、本社社屋倒壊
8年5月 本社新社屋 竣工
9年6月 創業80周年を迎える
11年12月 資本金を2,000万円に増資
15年6月 NHK プロジェクトX 第117回 2003年6月10日放送 「炎の突撃作戦」~鉄鋼マン大震災と闘う~にて当社が紹介される
17年4月 日笠秀樹が3代目社長に就任
18年11月 新規事業部を発足
19年6月 創業90周年を迎える
21年4月 (株)神戸製鋼所・神戸製鉄所内に神戸支店を移転
21年4月 (株)神戸製鋼所・高砂製作所内から本社に新規事業部を移転
27年4月 安全総括部を発足
27年4月 技術総括部を発足
29年6月 創業100周年を迎える